FC2ブログ

💫じぶんのココロと繋がる💫Animo Well-being Life

星∞月∞ 太陽∞植物∞数字からのメッセージを受け取り、本来自分が持つエネルギーを知り、意識をどんどんバージョンアップしていきましょっ!!
MENU

端から見ると・・・

0   0

父親とこーすけの毎日の会話。 最近、ワンパターンです。

こーすけ:「お父さんいつもだめだめしか言わない。 お父さん、意地悪」

父: 「こーすけが、話聞かないからだよ」

こーすけ:「そんなの関係ないじゃん」

父:「そんなこというなら出て行け」  みたいな・・・・

とにかく、毎日同じような会話が繰り返されます。  正直、会話にもなってませんが・・・・


最近のこーすけは、とにかく父親が嫌がることをします。 それも、ほぼ毎日同じ。
同じ行動に、同じ会話。 

父親には、「あなたが変わらなければ、子供は変わらない」といい続けてきました。
数年前は手まで上げてた(足もね)ことを思い出すと、今は大分マシになりましたが、
今日それが外出先で出てしまいました 短気すぎますね。

昔なら私も怒りを抑えることができず、子供を守りつつ戦ってましたが、もう慣れたもの。
呆れるのが半分、子供を守るのが半分。  何を言っても響かないので、子供を守ることに徹してます。
後は、本人次第なので。

でも、端から見るととってもシンプルなんです。
「ダメだし」ばかりしてきた父。 それに、ストレスを感じながらも、それが続きすぎて、そういうことをすれば
アテンションがもらえることを知っていく。 最近どこかで読んだなぁ、「怒られても幸せな子供」という話し。
良いことしたって、何も言ってもらえないんだったら、嫌がることをして
取り合ってもらおうという心理状態です。  だから、毎日同じ行動をするようになる。
そして、同じ会話が繰り返される。  甘えたいのに甘えさせてもらえない。
端から見てると、それがはっきり見えます。

ここで、「ダメだし」を「良いだし」に変えたらどうなるか。
いい事をしたことに対して、ちゃんと対応してくれるのを知れば、子供はどんどん率先してやっていくようになる。
いい事だけではなくて、 日常の生活で当たり前のようにやってることを、そのまま流すのではなく、「自分で歯磨きできたね!」とか「こーすけがいっぱいご飯食べるのをみると嬉しくなるよ!」とか声かけするだけで、子供の心は明るくなる、嬉しくなる。


子供を叱るときって、基準は人それぞれだろうけど、私は「人に迷惑をかけた時や傷つけた時」だと思ってます。

それ以外は、叱ることも手を上げることをなく、ちゃんと話をすればいいこと。
間違いや失敗なんて沢山してOK!  どうやったらうまく出来るかを話し合えばいい。


あとは、マイナスに考えるかプラスに考えるかってことかな。

たとえば、「こーすけは落ち着きがないね~」というのではなく、
「こーすけは好奇心旺盛で一度に色んなことをしたいんだね」と言えば、
子供の取り方も変わるし、親の気持ちも変わるよね。
「ダメだし」ではなく、「良いだし」だね。

もっと大きくゆっくりと構え、子供を見守ることも必要かな。 子供はちゃんと分かってるから。
子供がしようと思ってるときに、色々言われるのも嫌だよね。

そして、一番大切なのは、まだまだ体は小さいけど、一人の人として接していくこと。

私もまだまだ未熟だけど、子供の笑顔のために、今後を引き続き見守ることにしますわ






関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wellbeingaroma.jp/tb.php/1984-945d12e6
該当の記事は見つかりませんでした。